読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NSBlogger

意識高いブログ

Swiftの「タプル(Tuple)」で複数のオブジェクトをひとまとめにする

swift

タプル(Tuple)

タプルは複数のオブジェクトをまとめて扱えるものです。

タプルの例

let Blog = (20140608, "About tuple")

「20140608」「"About touple"」をもつBlogオブジェクトができました。
Blogオブジェクトへのアクセスの仕方はこちら。

Blog.0 //20140608
Blog.1 //"About tuple"

配列のように順番にアクセスできます。

要素に名前をつける

下記のようにすると、別の変数にまとめて代入できます。

var (date, article) = Blog
date    //20140608
article //"About tuple"

必要な要素のみ代入したいときはアンダースコアを使います。

var (date, _) = Blog
date    //20140608
_         //アンダースコアを指定すると、Xcode落ちました


最初に定義する際、それぞれの要素に意味を持たせると使いやすくなります。

let Blog = (date:20140608, article:"About tuple")
Blog.date    //20140608
Blog.article //About tuple

公式ドキュメントでは、Httpのステータスコードとステータスメッセージをもつオブジェクトを作っていました。
定数を宣言しそこに複数の意味を持たせたいときに使えそうです。